実はカンタン!女の子の顔をかわいく描く描き方とコツ

女の子の顔をかわいく描く描き方 お絵かき講座

女の子の顔をかわいく描くのは難しいものです。
何度調整しても思い通りかわいくならない!
そんな思いをしたことはありませんか?

しかし、ほんのちょっと工夫することでグッとかわいらしさを引き立てることができるんです。
今回は、女の子の描き方の基本から、かわいく描くためのコツまでを一度に紹介したいと思います。

ちなみに、こちらの記事では横顔の描き方についてとくに詳しく解説していますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女の子の顔の描き方の基本

まずは女の子の顔の描き方の基本についてみてみましょう。
もし描きなれている方は、コツの章まで読み飛ばしてくださいね。

下の図を見てください。

アタリから描く女の子の顔の描き方

この図からわかる通り、基本的に、顔の描き方の流れは次のようになります。

  1. 丸と十字を描き、顔全体のアタリをとる。
  2. 十字のタテの線を下に伸ばし、あごの輪郭をかく。
  3. 十字の線を基準に目や眉毛、鼻などの位置を決める。
  4. 髪などを追加し、形を整える。

コツは、アタリに引きずられすぎないこと!
あくまでも顔をどのあたりに描くかの目安なので、最終的に形が整うように描いていきましょう。

さあ、基本的な描き方が分かったので、続いてかわいく描くためのコツを紹介します。


顔の凹凸を意識して立体的に描く

女の子の顔の描き方 凹凸を意識する

人の顔は鼻が大きく前に突き出ています。
また、ほっぺた、あごも少し前に盛り上がっています。

盛り上がっている部分は、回転したときにへこんでいる部分より大きく動きます。
ナナメ・横顔を描くときには、このことを意識して描きましょう。
絵に立体感が生まれ、魅力的にすることができます。

顔がかくれる角度のイラストも思い切って描く

髪で顔がかくれた女の子

角度やシーンによっては、髪が目や眉毛、顔の一部を隠してしまうことがあります。
初心者はこのような角度を避けてしまいがちですが、怖がらずに描いてみましょう。

顔が隠れることでキャラクターの表情が見えなくなるのでは?と思ったあなた。
大丈夫です!
人間の脳は、多少隠れたくらいなら表情を補完して読み取れるようになっています。
それに、隠すことでまた違った表情を表現することもできるんですよ!

さっそく挑戦してみましょう!


表情豊かな女の子はかわいい!

女の子の表情の描き方

上に4種類の女の子の顔を描いてみました。

左上から、無表情・笑い・泣き・びっくり(照れ)の表情です。
比べてみて、どうでしょうか。

無表情の女の子に比べて、表情のある女の子のほうがかわいく見えませんか?

実は、人間は表情のある人物に好意的になる傾向があります。
女の子を描くときは、できるだけ感情が分かるように、表情を描くようにしましょう。

今回紹介した描き方・コツも、明日から実践できるものばかりです。
ぜひ、あなたの絵に試してみてください!

ちなみに、こちらの記事では横顔の描き方についてとくに詳しく解説していますので、興味のある方はご覧ください。

The following two tabs change content below.
チュンすけ

チュンすけ

漫画家、兼イラストレーター。 漫画・イラスト制作の指導もしています。 2019年から脱サラし、念願のイラストレーターとして活躍中! 詳しいプロフィールはこちら

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました