プロデビュー前でも今すぐ絵で報酬をもらう方法って?

今までイラストや漫画を描いて食べているプロの人たちは、プロデビューして出版社などに雇われている人がほとんどでした。

雇われることで、自分の絵を定期的に買ってもらい、安定した給料をもらっていたというわけです。

出版社に雇われることはとても難しく、一部の才能ある人だけがアーティストとして成功することができたのです。

しかし、そんなのは昔の話。

今ではインターネットの発達によって、編集者に雇ってもらわなくても、だれでも個人アーティストとしてイラストを簡単に報酬をもらうことが可能になったんです。

今回紹介する方法を使えば、イラストを描いている人ならだれでも、すぐに絵を描いて報酬をもらい始めることができますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の絵を気に入ってくれる人に売る

私がおすすめする方法は、「ココナラ」で、「絵を描くスキル」を売る方法です。

ココナラのサイトはこちら

ココナラは、絵以外にも、文章や制作など、自分が持っている「スキル」を展示し、気に入った人に売ることができるマーケットです。

例えば絵を売りたい場合は、自分の絵をいくつかココナラに展示しておくことになります。

そうすると、その絵を見て気に入った人が「あなたの画風で私に絵を描いてください」と依頼してきてくれるんです。

インターネットを使って絵でお金を稼ぐのなら「ランサーズ」などのフリーランス向けサイトを利用することもできます。

しかし、こういったサイトでの募集はコンペ形式がほとんどです。

こうなってしまうと、出版社に雇われているのと同じで、報酬を受け取れる可能性は低くなってしまいます。

ですので、私はココナラをオススメします。


どのくらい儲かるのか

ココナラでは、自分のスキルや商品に自分で価格をつけることができます。

例えば、「500px × 500pxの人物のイラストを2,000円で描きます」といった具合です。

そのため、収益額はピンキリなのですが、よく売れている商品では大体以下のような相場です。

  • フルサイズイラスト 15,000円~25,000円
  • SNSアイコン 2,000円~5,000円

フルサイズイラストを1週間で仕上げられる人なら、多くて月に100,000円くらいの収益が見込めるかもしれませんね。

始めるのは早いほど良い

ココナラでは、今まで依頼を受けた実績が誰でも見える形で蓄積されます。

たくさん依頼を受けた実績のある人は、その分信頼できますから、依頼が入りやすくなります。

ですから、早く始めた人のほうが依頼を受けやすいし、商品の価格を上げても依頼をもらえる状況になるわけですね。

もし多くの依頼を受けたいのなら、すぐに始めたほうがお得ですね。


まとめ

  • ココナラを利用して、「絵を描くスキル」を売る
  • 自分の絵を気に入ってくれた人に売る
  • イラストの報酬は多くて月10万円くらい?
  • 早く始めたほうがお得

登録や利用料がかからないので、とりあえず登録して自分の絵をアップしてみても良いかもしれませんね。

広いネットの世界には、あなたのイラストを気に入って依頼してくれる人がたくさんいるはずですよ。

ココナラへの登録は、こちらからどうぞ。

The following two tabs change content below.
チュンすけ

チュンすけ

漫画家、兼イラストレーター。 漫画・イラスト制作の指導もしています。 2019年から脱サラし、念願のイラストレーターとして活躍中! 詳しいプロフィールはこちら

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました